KORG X3復活

24.10.06 / 楽器 / Author: / Comments: (0)

復活というより、発掘か(汗)
物置と化してたX3を掘り出した。
ほんでもって、PCからの制御じゃなくて実に久々にシンセ単体としていろいろいじってみた。
やばい。なんか楽しい(汗)
やっぱ、ハードシンセはぽちぽちいじれるから楽しいねー。
波形メモリは4Mだか6Mだか8Mだか今から見ればハナクソみたいなもんだけど、作り方次第、エフェクトのかけ方次第で色々いじれるな。
うーん。新しいシンセがほしくなってくる。
ラックマウントじゃなくて、鍵盤つきね。Motif ES7もしくはKORG TritonExtremeかな。
Triton、安いよねー。
TRとの値段差あんまり無いじゃない。重量差は大きいけど。
おいさんとしては、高校の時のTRINITYの衝撃が忘れられないのよ。
だから無性にKORGの方が気になる。でも、MotifES7の鍵盤と音のクオリティも捨てがたい。
Motif高いんだよな・・・。

まぁ、なんというかどっちも無いものねだりなんだけどサー。かねないんだよぅ!
日本刀(模擬刀)買いたいんだもん!
※すでに十拳さんとメールで相談開始。買うのはまだだけど。

あ、一応、Rolandの音源好きなんだけど、どうにも、あのFantomのデザインが気に食わん。
操作性もちょっと・・・。JUNO-Gも音いいし操作性抜群なんだけど、なんかびびっとこない。
いまだにD70がほしかったりするし。

あーもう。どうしても無いものねだりだ。

Let’s Note CF-L1ES

24.10.06 / パソコン・インターネット / Author: / Comments: (0)

我が家の居間(?)の俺ブースが今音楽モード(LCDをP-120の右肩に乗せてるだけ)なんで、座椅子に座ってリラックスしてる時の手元PCが無い(モニターが、ね)。

そういうことで、だいぶ前に相方さんに和室の隅に半撤去状態に追いやられてたノートPC(CF-L1ES)を引っ張り出してきた。
これは、大学の時に江別市主催の求職者向け(おっさんおばさん)PC教室の講師バイト台で買ったのだ。
このモデル、企業向けモデルで本来は一般売りしないモデル。
外箱もてかてか印刷なしで機種名かいてるだけの質素なもの。
何でそんなものを入手できたかといえば、家の実家は電気屋だから(笑)
大なり小なり無茶が聞くのです。
このPC、一度NICが死んでな。
本来はサービスに修理に出さなきゃなんないんだけど、中ちょっとばらしたらNICの部分がモジュール化されてて取り外しが聞く構造になってた。
そういうことで、早速親父に連絡して、俺から山形ナショナルのサービスの人と話して、NICモジュールだけ北海道の寮まで大阪の松下配送センターから配送してもらった(汗)
普通ならありえないことです。大阪の大本山から一個人にパーツ配送なんてな。
俺も親父の血はしっかり引いてるようで、最近はナショナルの人との技術交渉やらもうまくなってきたさ。
今やってるSEの仕事と大して変わらんがな。

また話がそれましたな。
このL1シリーズってのは何気に2スピンドル薄型のさきがけ的存在です。
薄くて全体のデザインがいいのです。剛性無いけど(結構本体が反ったりする)
愛着あってずっと使ってきたんですが、最近は寄る年波にもかなわなくなり・・・。

  • バッテリーは当然死んでる。ACなし状態はウルトラマン状態。
  • 液晶の蛍光管とインバータがお疲れで液晶が暗い
  • 上記理由でバックライトを暗くすると画面が赤い
  • サウンド系が突然死することがある(再起動まで再起不能)
  • 筐体開した時に時々バックライトつかない(開閉すると直る)

これ全部直したらちょっとした新品換えます(泣)
バッテリー、補修部品で取り寄せられるけど、3万だもんな・・・・
それに液晶交換も入ったら10万近くなるのは確実。

そういうことであきらめて使ってます。
使ってたんですが、今度はとうとうCD-ROMがお亡くなりになられました。
起動時にBIOSのデバイスチェックでCD-ROMで引っかかって起動しない状態にまでなっちゃった。
こないだまではCD入れても回らないので、伝統の技、本体回転でCDをキックスタートして使ってた。
本体をCDの回転方向と逆にCDの中心を軸としてぐおっと回す。そうするとCDは慣性で動かないけど、スピンドルモーターのほうは本体と一緒に動くので定常回転に入れるのだ。
車と同じで0スタートの時が一番トルクを必要とするのよ。
そこを手助けしてやる。
大学事態は瀕死HDDからのデータ抽出とか、常用サーバにモーターだけ弱ってるHDDを使う時にこういうキックスタートよくやってたな。
もちろん、そんなサーバに重要な仕事はさせられんが(汗)
で、そんなやつもとうとう逝ってしまったのだ。
今までお疲れ様でした。
P1000141

そのうち、秋葉原でジャンクやめぐりして同じのが置いてないか探してくるか?。

ジャズなハノン

24.10.06 / 音楽 / Author: / Comments: (0)

前の記事でも書いたが、SMAPの楽譜は無かったけど、面白そうなのがあった。


ジャズハノン~ジャズピアノの基礎知識とその練習~
Book ジャズハノン~ジャズピアノの基礎知識とその練習~

著者:藤井 美保,レオ・アルファッシー
販売元:シンコーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハノンとは行っても、あの普通のハノンみたいにページめくったら一面16部音符地獄、というのではない。
短編集みたいなもの。
解説もチョコチョコ入ってる。
譜面ヅラみた限りでは、それほどいきなりぶっ飛んだ内容でもなく、俺でも何とかやってけそうな雰囲気だったので買ってみた。
今日は「ずっと二人で・・・」の練習用トラック作ってたからまだやってない。
あと、X3の発掘作業もやってたからなー。

我が家の環境、久々にフルメンバーです。
でもなー。ノイズが盛大だな。
SC-8850とJV-1010から結構素敵なノイズが出てる。
これって、もしかしてPCのノイズ拾ってるのかな。
なんか、そんな気がしてきた。
配置考えないとだめかな・・・。

披露宴の演目

24.10.06 / 音楽 / Author: / Comments: (0)

会社の後輩の結婚式が11の三日にある。青森で(汗)
遠いがな。

 

後輩ちゅうても、同い年だったりする。で、しかも去年うちの会社辞めてたりする(汗)

でも、うちのグループはなんか妙になかいいんよね。不思議と。

 

それでお約束の余興をやることになったんだけど、何をするかと協議した結果、歌ということになった。

うちのボスに任せるとマツケンサンバとかネタに走るから任せると危険(笑)
これが関西人パワーなんだろうな。

で、結婚式といえばトラウマの原因になった出来事でもあるわけでして、、、
俺的にはちょっと迷ったけど言って見た。

「なんなら、俺弾くか?」

とな。

何気に我ながらチャレンジャーだとは思ってるよ。はい。

でも、これを乗り越えないと先に進めない気がしてな。

あと、最近いろいろライブ見てたから、ちょっと歌伴やりたかったというのもある。

メンバー構成は男二人に女性一人。

男二人のうち、一人はボスなんだが、出番まで飲みすぎて記憶喪失にならないかが心配だ(汗)

 

曲については色々ぐぐって候補をあげた

  • ずっと二人で・・・(これは俺がすでにバンドスコア持ってるという理由もある)
  • 世界にひとつだけの花
  • らいおんハート

たぶん、SMAPのどっちかになりそうな気配。

そういうことで、今日は早め(20:30)にあがって武蔵小杉と横浜で楽譜を探してきた。
でもなー。楽器屋ってほとんど21:00で閉まるからなー。

唯一あいてるルミネの本屋行って見た。

無かった(涙)

時間ねぇから早めに仕入れて感触だけでもみとこうかと思ったのになー。

明日、ボスが音源持ってきてくれるから、とりあえず明日楽器屋いけなかったらみみこぴでコード拾わんとだめだな。
そうなると何気に大変だぞ。
どの曲になったとしても、どのみちピアノアレンジを考えないといけないんだけど、それにみみこぴが加わると結構な・・・。

ガイド用にメロディーとコードが取れれば後は何とか楽器なしで会社でもアレンジ考えられるんだけどな・・・。

今日はとりあえず、「ずっと二人で・・・」の仮メロ適当に打ち込んで、まずはスコアどおりにちょっとだけ入れてみた。

やっぱり、一人で楽曲全体の起承転結をつけるのは結構むずいな・・・。
ちょっと考えどころだ。

今週末、土曜日は多分みんな出勤だろうから、日曜あたりに最初で最後の歌合せを家でやる予定。
10月29日。仏滅です(笑)

そーんなことで、今週はちょっとミュージシャン気分だったりする♪

なんか、こういうの久しぶりなんで、ちょっとわくわく♪

Blogged with Flock

CD音源vsHE-AAC(素材はミラク)

23.10.06 / パソコン・インターネット, 音楽 / Author: / CD音源vsHE-AAC(素材はミラク) はコメントを受け付けていません

あーーーー。くそーーーー。ねむれねーーーー。
今日はアレだ、あの日だ。数週間に一度のハルシオン効かないデー。俺制定。

そういうことで、脳みそはうまい具合に空っぽなんで、ちょっと実験。

9月の原宿BJ Girlsのライブの時に限定配布した神様家族のOP/EDのTVサイズカット版のCDと、俺がこないだEMU-0404経由でアナログ録音した着うたフルの同曲の音質聴き比べ。

CDのほうはCDのままだと扱いづらいのでWMA Losslessで圧縮。恩師劣化は無し。
リマスタリングもどきした方は基は着うたフルのHE-AAC 56kbps。

比較の方法は簡単。

ブラインドテストです。

ただ、曲長違うので1コーラス終わる前にキーボードショートカットで次送り。
並び順はランダムソート(ソート結果は見ない)。使用したプレイヤーはProject9kのLilith。
一応念のためランダム再生もON。

聞き比べました。

まぁ、わかりきったことだけど、すぐわかる。
比較曲は2曲。

  • Brand New Morning (舞ちゃんのみ)
  • 図書館では教えてくれない、天使の秘密(ミラク(舞ちゃん、リーダー、岩城さん))

まずは「図書館では教えてくれない、天使の秘密」から。

これは意外なところで差分がはっきりした。
リーダーの声である。
HE-AAC版ではコーラスの二人の声どっちがどっちって言うのが聞分け辛いんだけど、CD版でははっきりとリーダーの声が聞き取れる。
リーダーの声質ってよく「エッジが効いてる」とか言われるけど、これはどういうことかというと、基音に対する倍音フォルマント分布で、高調部分でもあまり減衰していない。この点が「エッジ」として聞こえるのかとおもっとる。

あ、一応、俺大学では音声工学専攻なんで夜露死苦。
※たいしたことはしてない。フォルマントがどうのこうのはどっちかというとシンセの知識。

で、このリーダーの高調波の部分を抜くと声質が結構岩城さんと似てくるような気がする。
時系列分解スペアナかけたわけじゃ無いからあくまで推測ね。

話を戻すと、要するにリーダーの高調部分がカットされたわけじゃなく、高圧縮かけた時に発生する金属質のノイズに打ち消され気味になっているような感じだった。
こっちの曲はボーカルの音域にも楽器音がかぶっているからそこら辺がごちゃごちゃになっちゃってる感じもした。

 

次。Brand New Morning。
こっちは舞ちゃんソロ。
ほんでもって、Aメロはボーカル音域にあまり楽器がかぶってない。
舞ちゃんの声がストレートに聞こえる。しかもあまりヴォーカルパートにショートディレイとかリバーブとかかけてないから、なおさら素の声が聞き取りやすい。
CDとHE-AACの違いはこの舞ちゃんの声だけですぐわかる。
もともと舞ちゃんの声は基音が太くてその上の高調波はリーダーとか岩城さんに比べてあまり無いんだけど、全体的にブレスノイズで覆われててきれいにまとまったきれいな声です。
で、このブレスノイズなんだけど、基本はホワイトノイズ。
ホワイトノイズは全周波数域に一様に分布するタイプのノイズ。
圧縮モノはこういうの非常に苦手。
周波数分布が一様に近いため、マスキング効果をうまく発揮できない部分が出てしまう。
あと、高音域をカットする際に、LPFのスレッショルドと丸め角度をうまくしないと、このホワイトノイズから擬音ができちまう。
※ある周波数でばっさり切るとそのエッジの部分で変な音が出る。大体非整数次倍音になるので金属質な音になることが多い。

で、これらを踏まえて。
舞ちゃんのブレスノイズに金属質のいけないノイズが混じりこんでる。

これでHE-AACと区別がつく。一発でした。

 

でも、HE-AACも高々56kbps程度のビットレートでこの音質出すんだから対したもんだ。
ちゃんとした再生機器でもそれなりに聞ける。※もち、環境にもよる

 

てなかんじで、たまには評論家みたいな調子こいたことを書いてみた。
すみませんです。

とりあえずわかったことは、BJ Girlさん方の声はいずれも圧縮Codecにとっては苦手なタイプかもね?。
今回は出さなかったけど、白鳥さんが一番難しそう。
基音が低い上にそこそこ中音域も含まれていて、ブレスノイズものるタイプの歌い手さんだからねぇ・・・。

Blogged with Flock

ツインペダル

23.10.06 / 楽器 / Author: / Comments: (0)

ツインペダル、といってもドラムじゃないよ。
P-120にペダル追加。
いままではX3につないでたんだけど、どうせSONAR側でコントロール握ってるときはP-120のダンパーでもいいわけでして、つないでる意味がなかったのです。
つないでるペダルがエクスプレッションペダルとかカチカチのスイッチペダルとかならまだ使いようが
あるんだけど(X3側で色々アサインできる。ロータリーの速度切り替えとか)、さすがにここまでダンパーダンパーしたやつだとちょっと気持ちがのらんな(適当な言い訳だ・・・。)
そもそも、X3は物置になってるからいいのだ(汗)

で、P-120のAUX PEDALにつなぐのだ。
で、アサイン機能はソフトペダル。
で、P-120の液晶は8セグメントx3だ。
で、トリセツは引越しのうやむやで行方知れずだ。

あー。うー。YAMAHA行ってPDF落とすか。

そもそも、AUXペダル入力が1個しかない、ってのはやっぱりソステヌートは需要がないのかね。
俺も前のSX-PX105の時はソステヌートペダルだけはピカピカだったもんな。

で、こんな感じ。
P1000138

配線が入り乱れてるのはそういうもんだ。鍵盤屋の宿命だ。
ミキサー周りとPCの裏はさらにすごいことになってるぞ?。
一応、各音源間の距離に合わせて50cmとか短い長さでシールド作ったから、これでも大学時代よりははるかに片付いてる方。

左の汚いほうが追加分。
右のはP-120についてきたハーフダンパー対応のペダル。
左は普通の2極ペダル。
ここまで汚いのは大学時代からずーっと使ってるから。
もともと表面がざらざら加工してあるから、ホコリ噛んでなかなか汚れが取れないんです。
だから、もうあきらめた(汗)

さて、トリセツ(PDF)読むか?。

本日の記録

23.10.06 / 自転車 / Author: / Comments: (0)

本日の記録書き忘れた。

基本的に写真撮りながら自転車押してたんでAveおそいっす。

  • 走行時間(歩き込み):37分38秒
  • 最高速度:34.7km/h
  • 平均速度:15.1km/h
  • 走行距離:9.42km

近所を軽めギアで流しただけなんで、こんなもんですたい。

Blogged with Flock

太もも張ってる&BB周りとかSTIとか10速化への夢とか

22.10.06 / 自転車 / Author: / Comments: (0)

今日は写真撮りながら、軽めギアでの走行だったんだけど、まだ太もも張ってるなー。

筋肉痛ではないんだけどね。
一応、セルフマッサージはしてみた。
明日になって筋肉痛になったら、ちょっと悲しいな(ーー;)

 

今日は出発する前にフロントディレイラーの調整をした。
どうも、最近フロントディレイラー調子が悪いな・・・。
正確には調子が狂いやすい。
なんだろ・・・、ワイヤ張り替えて初期伸びなんてとっくに取れてるのにな。
症状としてはアウターにかけたとき1?3速でチェーンが内側のガイドプレートにかするのよ。
アウター1速なんて使うなボケェ、といわれそうだが、使うからしょうがない。
ストップアンドゴーが宿命の通勤野郎の宿命だ。
でも、最近はインナーも使うようになったけどさ。
インナーで30km/hでケイデンスが90?100付近だと、スプロケットのギヤ歯数に飛躍があるのかわからんけど、ちょっとなじめないところがあるのよね。
ちなみに、スプロケットは4400系で12?25のが付いてる。
途中の歯数構成はあんまりわかっとらん(汗)

話はアウターに戻るけど、アウターで低速ギアかすらないようにセッティングすると当然の如く9速に入ったときに今度は外側のガイドプレートとこすれることになる。
でも、52×12なんて年に数回しか使わんから気にしないことにしている。

そもそも、かするといってもじゃりじゃり常にかすってるわけじゃなくて、踏み込んだときに化する。
要するに、BBがたわんどるのだよ。
オクタリンク化する前のTIAGRAだからしょうがない。
BBはたぶんBB-UN40。見えないから正確なところわからんけど、昔ながらの四角テーパーのBBです。
それにTIAGRAのクランク(FC-4401)だからたわむのはしゃーないけどさぁ。
最近たわみが多くなってきた気がするぞー。
もうちょっと剛性がほしいな・・・。
ただでさえクソ硬いバイクに乗りごごち最低のタイヤはいてるのに、これ以上硬くしてどーするの、って感じもするけど、あんまりたわむのはいやなのよ。
てなるとホローテックIIになるんだろうけどな。
4500の新TIAGRAってホローテックIIになったんだねぇ。
でも、変えるんならアルテグラにするの!
がんばって10速化を目指そうか。。。
10速化の一番の目的は、新形状のSTIを使いたいから、というのも大きいんだけどね・・・。
なんすか、ST-4500て。
9速じゃないすっか。
ちゅうことは今の駆動系にポン付けできるってことですか。。。
複雑な心境・・・。
¥20,000ですかいな。
うぬぬぬ。
しかもシム入れることで俺みたいな手がちっさいヤツにも対応できるとな。
うむむむ。
アルテグラのチェーンリングって、9速でも使えんのかな・・・・。

はっ!?いかん。
10速化するという決意が鈍る!

でも、今うちの予算からすると・・・・。

あーーーー。どうしたらいいかわからんくなってきた。
来週たかだフレンドいってテンチョーとかお客さんとかに意見聞くか・・・。

なんかいい案出るかもしれんしな。

Blogged with Flock