部屋掃除

28.10.06 / 日記・コラム・つぶやき / Author: / 部屋掃除 はコメントを受け付けていません

明日はお客さんが来るので、気合入れて部屋掃除してみた。

つっても、片付かないものは片付かないので、ある程度のあきらめは肝心である。うん。

もう良いや。これで。

 

掃除ついでにアンプ&スピーカーを居間にセッティングしてみた。

  • スピーカー:Technics SB-M300(初代)
  • プリメインアンプ:Technics SU-V44

老骨である。

スピーカーは大きさ小さいけど、3Way4Speaker。
ツィーターとスコーカーの後ろに低域担当がエンクロージャーに背中合わせに二つ。
低域担当にはパッシブラジエターで密封されて低音の切れがよくなる、らしい。
Technicsいわく、D.D.Dとか言うやつだ。

このスピーカー、実はアンプを選ぶ。どれもそうだけど。

CARDampMK2とか、Technicsの別のアンプ(昔のコンポのプリメインアンプ)とかつないだけど、いまいち。

SU-V44、って大昔のClassAアンプ。
もうぼろぼろ。ジャンクレベル。
VUメーターのバックライトつかないし、前メンテでばらしたときにVUの線つなぎ忘れて動かない。別に良いけど。音が出れば。

このアンプ、切れがよかったりとかはあんまりしないけど、Jazzとか鳴らすと非常によくなる。
さらに言えば、BJ Girlsさんとか、佐藤竹善さんとか岡本真夜さんとか声が太くてはっきりしてる人と相性がよろしゅうございます。中域がよいのね。
低音はあんまりでないのかもしれないけど、SB-M300が余分に低音出るやつなんで、うまくバランス取れる。

そもそもあんまり低音を求めないので、問題なし。

再生ソースはPCなんで、ミニステレオピンをベローんと手元に出して接続先のPCを切りかえれるようにした。

やっぱSB-Live(初代)よりEMU-0404のがおとええな。

当たり前か。

久しぶりのヘッドホン以外のリスニング環境だ?。

Blogged with Flock

ヨウシュヤマゴボウ

28.10.06 / 日記・コラム・つぶやき / Author: / Comments: (1)

ヨウシュヤマゴボウ

けっこういろんなところに生えてる、このヨウシュヤマゴボウ。
きれいでおいしそうな実がなる。
でも、うちら田舎の育ちにとってはコレが食えないことぐらいわかっている。

つうか、常識だと思ってた。

?番組に関するお詫びと訂正?

びっくりだな。

どこをどう間違えればアレをブルーベリーと間違えるんだ?

信じられん・・・。

番組って、別に一人で作るわけじゃないよね・・・・。

誰か気づかないのかな・・・。

田舎モノにとってはただただ驚きだ。

Blogged with Flock

カート場?ラジコンサーキット?

28.10.06 / 日記・コラム・つぶやき / Author: / Comments: (0)

これってサーキットだよね・・・。小さいけど。

カート場かな?ラジコンのかな・・・?

うちからそんなに遠くないから、今度ちょっと行ってみよう。

カート場だったら非常に喜ばしいことなんだが・・・・。

ちょっと小さいか。ラジコンかな。

Blogged with Flock

ピアノのお稽古

28.10.06 / 楽器 / Author: / Comments: (0)

気が付けば、会社から帰ってきてから4時間ぐらいピアノ弾きっぱなしだ。
何年ぶりだろう、こんなに弾いたのは。
こないだ買ったこれ。


Jazz Hanon (Hanon Series)
Book Jazz Hanon (Hanon Series)

著者:Leo Alfassy
販売元:Music Sales Corp
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ、やばい。面白い。
何気に7thコードとか並べてそれに右手のハノン風味の分散音とかに見えるけど、実際に弾くとJazzでよくある気持ちいいコード進行になってる。
あと、課題がちゃんと曲になってるのもすばらしい。
練習曲だからそんなに難しくないんだけど、ボイシングとかはJazzのコツをすごく付いてる。
俺が今まで出したかった音がどうやって出せるかなんかつかめそうだ。
練習って感じがしない、名譜かもしれん。
解説も簡潔だけど、わかりやすい。

機械的な標準ハノンに比べたらはるかにやりがいがある?。

演奏うまくなってやるんだー!

タイトルが思いつかない。

28.10.06 / 音楽, 楽器 / Author: / Comments: (0)

それはおいといて。

いま、五時。午前。

歌伴サンプルが一応できて、ピアノ一本伴奏がどういうもんかうまくわかっていただけたようだ。

とにかく、一回でも歌合せをしないといけないということはわかってもらえて何より。

いろいろアレンジ考えたけど、いったん全部消して曲調がわかる程度に最低限にシンプルにしてみた。

結果、成功だったみたいだ。

昨日は仮眠(5:00?7:00)して、おきてから作業再開。

最後のしっぽりさびの箇所をずざざっと打ち込む。

曲の途中でしっぽりになるのは意外と得意だったりするので、あっさり終わる。

で、仮メロ差し替え。

時間もないのでてきとーに確認無しで打ち込んだ。

で、ミックスダウン。

良く考えたら、ライン系統どうやってPCに入れるか考えてなかった(汗)

PCは二台あるんで、音楽用じゃないほうをライン入力にしようと思ったんだが、音は出てるんだけど、録音ソフト(Cubasisについてた波形編集ソフト)側にラインが入ってこない。

おそらく、KX Mixer側のワイヤリングがまずいんだろうけど、考えている暇はない。

仕方ないので、音楽PCにラインをループバック。
単純にやるとLineInがLinoutから出て、それがLineInにはいって・・・・。
とまぁ、えらいこっちゃになるんで、ミキサー側でPCからのLineoutをカット。
RX1602はこんなとき便利だ。チャンネルごとにMuteボタンがわかりやすいところにあるんで、ラインパッチャーとしても使えるのですのだ。

そっから先もちょっと苦戦した。

MIDIトラックをミックスダウンする、という作業自体あんまりしたことがないもんだからなぁ・・・。
Sonar二十起動とかはできないし。。。

いろいろ試したけど、結果は簡単だった。

データ入りのProjectにオーディオトラックを追加(2ch分)して、それを両方ARMして録れば良いだけだった。
そのままだとモノ2chになるから、左右にパン振るけどさ。

あとは、ノーマライズしてRIFF WAVEでエクスポートすれば完了。

SONAR、こないだはノーマライズとか見当たらん、とかいったけど、わかりやすいとにあるではないか(汗)

あと、コンプとか基本的なエフェクトもならんどるがな。。。
こないだはどこを見てたんだ、俺。

コンプ、使い方わからん。勉強せねばな。マスタリングには必要な知識だから・・・。

そんなこんなで、ミックスアウトでトラぶったおかげで会社遅刻だ。1時間。

でも、ひと段落付いたな。
一応、メンバーには「あ、これ渡すけど実際はこのとおり弾くことはありえないんでよろしく♪」ということは伝えた(笑)

そんなもんでしょ。

要所のフレーズはおさえるけど、後はそのときのノリでしょ。

あさってはうちにみんな来てあわせるから、そのときに最終的に全体をどういう構成にするか決めるつもり。

ピアノオンリーの歌伴なんて、歌う人と一緒にあれこれしたほうがはるかに効率的だからね。

みんなであわせてやることだけでも楽しいしな。

Blogged with Flock