ずんだん

07.01.07 / グルメ・クッキング / Author: / Comments: (2)

bjgirls’s Diary:音楽系
ずんだと言えば仙台、ということに世間一般ではなるのかな・・・。
うち、毎年正月前になるとすり鉢渡されて豆をゴリゴリしてずんだつくってたな・・・。
ということで、ずんだは宮城だけじゃなくて東北じゃ一般的なブツかと。
山形には「だだちゃ豆」があるしな。
空港では清川屋のだだちゃずんだシリーズがならんどるよ。
ここのずんだもち、何気に好きだったりする。

ご当地シリーズと言えば、どんべえだかカップうどんで山形芋煮うどんなんちゅーのがあったな。
ちゃんと牛肉しょうゆ味だったのが山形内陸人としてはうれしいところだ。
※庄内地方(海側)ではブタ肉みそ味で同じ県内の「芋煮」といっても全く違うもんなのだ

山縣いったときは食わなかったけど、こないだ近所のダイエーでご当地品フェアみたいなで売ってた。
ずんだプリッツもそんなシリーズでひょこっと売ってないかな?

鯉の季節

07.01.07 / グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき / Author: / Comments: (0)

わたくし、生まれが山形の村山地方です(東根市)。
正月となるとなくてはならないのがコレ。
P1020016

これは恋です。じゃなくて鯉です。
時々ニュースとかで山形の鯉のネタが流れることあるけど、代替あれはほとんど米沢。
鯉は米沢だけじゃないんだよ。
村山地方ではひじょーにポピュラー。
うちの小学校の裏手に池が何個かあったんだが、これらは鯉の養殖池。
自動餌やり小屋とかある。
今は池で鯉は飼ってないけど、鯉屋さんがあったのだ。
そこで泥貫が済んだ鯉を丸ごと買ってきてぶつ切りにして作る。
各家庭で作ってると思う。
で、うち(実家)でも作ってるんでできたやつを送ってもらった。
最近正月とか帰ってないので久々である。

鯉を食うにあたって気をつけないといけないことがある。
骨である。
なんちゅうか小骨がこんな感じである。
Hone

枝毛。返しがついてるからのどに引っかかったらえらいこっちゃだ。

そんな感じで、ちょっと遅い正月を味わっとります。