バレル内部ピカーリング

14.01.08 / gun / Author: / Comments: (0)

マルイのエアガンに付いてる、バレルキャップ(って言うのか?赤いやつ)をS2Sのセンチメーターマスターに刺してみた。

マルイのに比べて明らかに刺したときの抵抗が大きい。

と、言うことはだな。

単純に考えてマルイのと比べてインナーバレル内径が小さい、ということか。

で、うちみたいに何回使い回し照るかわからないぼろぼろの玉つこっめばバレルを通ったときの抵抗はマルイのよりも、影響が多くなるのかな。。。、

ということで、バレル内をピカールで磨き上げてみました。

P1030706 (Large)

写真とってもわからんてな。

そんなにぴっかぴかでもないですけど、汚れとかはとれたかなと。
※磨くときはバレル外してパッキンも外してやんないとだめっすよ

磨いた後はブレークリーンできれいにして組み込み。

 

で、組み込み中、命中精度に関連する構造に気づいた。

 

コンペンセイターの中側にあるパーツで、バレルユニットに固定する部分のイモネジ、これ重要っぽい。

P1030702

このイモネジ、雌ネジ自体はインナーバレルを覆う部品に切ってあるんだけど、この雌ネジ穴は貫通してます。

要するに、イモネジがインナーバレルまで届く仕組みです。

ここの締めが足りないとバレルが少々がたつきます。

えっと、最近命中率がめちゃくちゃだったのはここの締めが足りない(コンペンセイターを固定すればいい程度にしか閉めてなかった)のが主原因なきがする。

とりあえず、左右偏らないように固定して組んだ。

 

で、試射。

 

結果:見事命中率復活

 

バレルのピカーリングよか、イモネジの方が原因だったかな。。。