Xenosaga III – hepatica(KOS-MOS) –

05.08.08 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (3)
Tags: ,

Xenosaga?のKOS-MOSの曲、前半部分譜面化してみました。

Xenosaga EPISODE III Also speach Zarathustra

作曲:梶浦由紀

こちらでDownload(PDF)。

一応、原曲ママ(のはず)。

後半はどうしますかね。今のところ保留ですが。

【楽譜】終末少女幻想アリスマチック helical staircase

13.03.08 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (0)

キャラメルBOX微妙に存在感の薄いアリスマチックですが、PS2に移植だそうですな。

終末少女幻想アリスマチック?Apocalypse?

 

そんなわけでもないですが、アリスマチックより「helical staircase」のピアノパートだけとりあえず採譜してみました。

  • ネタもと:キャラメルBOX 終末少女幻想アリスマチック
  • 作曲:hosplug

PDFは以下から。

DOWNLOAD:ALICE-helical staircase.pdf

弦入りのはそのうち出てくるでしょう。きっと。

 

楽天市場:PS2 終末少女幻想アリスマチック ?Apocalypse? 通常版 【特典付き】 (5/29 発売予定)

【楽譜】夜明け前より瑠璃色な Lapis Lazuli – iris mix –

09.02.08 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (0)

 

  • ネタもと:夜明け前より瑠璃色な
  • 作曲:Active Planets
  • 曲名:Lapis Lazuli – iris_mix –

こちらよりPDFをダウンロード出来ます。

 

また修正。

2ページ目一小節目の3拍目左手のGをAに修正。

これ一音で大分雰囲気ちがっちまう。

無気力研究所 – 【楽譜】夜明け前より瑠璃色な Lapis Lazuli – iris mix –

07.02.08 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (0)

 

  • ネタもと:夜明け前より瑠璃色な
  • 作曲:Active Planets
  • 曲名:Lapis Lazuli – iris_mix –

こちらよりPDFをダウンロード出来ます。

イントロの大ボケミス修正とコード入れしました。

【楽譜】夜明け前より瑠璃色な Lapis Lazuli – iris mix –

01.02.08 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (0)
Tags: ,

どうも。毎度。

「夜明け前より瑠璃色な」のメインテーマその1の「Lapis Lazuli」のピアノ版、「Lapis Lazuli – iris_mix – 」のスコアです。

  • ネタもと:夜明け前より瑠璃色な
  • 作曲:Active Planets
  • 曲名:Lapis Lazuli – iris_mix –

こちらよりPDFをダウンロード出来ます。

スコアリングはSONARでSMFこさえてから、Finale NotePad 2008で出力してます。

改行とか改ページとかもう少し細かくいじれれば1ページに収まりそうなんだけどな・・・。

FreeSoftだから文句いえんな。

2008/02/06差し替え

イントロの大ボケミス修正とコード入れしました。

無気力研究所 » うつりぎ七恋天気あめ -ロマンス- 譜面

22.11.07 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (1)

無気力研究所 ≫ うつりぎ七恋天気あめ -ロマンス- 譜面

待ってればそのうちコードネーム入りに譜面がアップグレードされる可能性もあり。

コードネーム入れました。
ベースラインが重要。

出張は終わったけど、今日、給与明細、みてすごく悲しくなりました。。。

はぁ

うつりぎ七恋天気あめ -ロマンス- 譜面

19.11.07 / 音楽, 楽譜 / Author: / Comments: (0)

どうも。明日から仙台出張です( ゚Д゚)

最近、Atokさん「う」って入れただけで「うつりぎ七恋天気あめ」になるようになってきました(汗)

そういうことで、うな天譜面キャンペーン第二弾、「ロマンス」です。

「ロマンス」って曲名がちょっといまい(以下自粛)

ピアノの右手はメロディーラインのみです。
空気読んで適宜和音にしましょう。
待ってればそのうちコードネーム入りに譜面がアップグレードされる可能性もあり。

演奏By俺版は出張明けの予定。

バイオリン、結構難しいな。

ベンド(注1)というか、ポルタメント(注2)というか、うまくしゃくってるところどうするかな。

さっきポルタメントいじりながらいろいろやってみたけど、単にポルタメント掛けるだけ(注3)だとウニャウニャしちゃってそう簡単にもいかなそう。

かといって、俺ベンド下手だしな。

WX11でタイトリップ奏法(注4)が妥当なんだけど、、、、

無理無理。


  • 注1:ベンド
    シンセの左端とか左上についてるやつ。
    ジョイスティック方(Roland,Korg)とかホイール型(YAMAHA、MOOG)とかあるけど、個人的にうまく使えてない。
    ClaviaのNordLeadシリーズに付いてる木製の感圧式ベンダーが一番使いやすい、と思う。
  • 注2:ポルタメント
    連続する発音を滑らかにつなぐ。
    基本的にモノモードにして使うんだが、PCMシンセだといまいちなことが多い。
  • 注3:ポルタメントかけるだけ
    かけるだけ、とかいっても、家にあるハーフラック系の音源だと、ポルタメント設定が出来ない(or 階層深い)。
    SONARとかだと、スタジオウェアからコントロールする。
    ポルタメントの設定はCCで3値設定が必要。
    ・CC#65:ポルタメント → ON/OFFの二値
    ・CC#5 :ポルタメントタイム → 音をつなぐ際の音程変化する時間を指定する
    ・CC#84:ポルタメントコントロール → ポルタメントの基準ノートナンバーを指定
    ・・・何がいいたいかというと、設定がクソめんどくさい上に望んだ効果を得るのが結構難しい。
  • 注4:タイトリップ
    ウィンドシンセで、サックスみたいにリードの噛み具合で音程をコントロールするモード。
    音程情報はベンド情報として送られる。
    一定圧でかみ続けないと、音程の維持が難しい。
    家みたいに、無理やりブレスをエクスプレッションに返還してたりすると、音量コントロールだけでも結構気合入れないと出来ない。
    要するに、練習というか、どちらかというと特訓が必要となる。
    現状はルーズリップモードでリコーダー状態で使っている。

Finale NotePad 2008

14.11.07 / 音楽, 楽譜, 日記・コラム・つぶやき / Author: / Comments: (0)

Finale NotePad 2008

まだ英語版しかないけど、十分使えます。

国産某ソフトよりはこっちの方が使いやすい、というか何というか。

英語版故の注意点とか、Tipsとか気づいた点を挙げてみます。

  • 日本語が化ける
    DefaultFontSetが「欧文」になっているため。
    メニューの「Document」→「Select Default Fonts」で日本語行けるフォントを選んだ上で、Fontダイアログの「Script」欄を「日本語」にすると、以降の文字挿入で日本語行けるようになります。
    ただし、ソフト起動のたびに忘れるので注意。
  • それでも[Title]と[Composer]が化ける
    文字を選択(「Text Tool」で左上の四角をクリック)してメニューの「Text」→「Font」で↑と同じことをやると解消
  • SMFからのインポートでピアノ曲とかでうまいこと大譜表に反映されない
    NotePad側でやろうとするとクソめんどくさいので、SMFこさえるシーケンサ側で右手左手分けてデータ化する、とかあきらめて前段階の時点で譜面化を考慮しましょう。
    そして保存時はFormat1で保存することをお忘れ無く。
  • トラック名どうやって変える?
    流し込む側のシーケンサの方でトラック名入れておきましょう。
  • コードネームはどうやる?
    原始的にText Toolでかりかり書きましょう。
  • 印刷したら小節配置が変わってテキストで書いたコードネームがずれた!
    何でかずれるときがあるんで、テキスト書くときは「Text」→「Assign New Text to Measure」を選択しておくと、小節に対してテキストがくっつくんで、ずれても大丈夫です。
    ※全部書き終わってから気づいて泣く泣く書き直したよ・・・
  • 臨時記号を変えたい
    A♭をG#にしたい、とか言うときはその音の音長で、変えたい対象(♭or#)を選んで、変えたい音にカーソルを合わせてドラッグすると変わります。このあたり、加減が微妙なので拡大してやるといいかも。

とりあえず、気づいた範囲です。