KORG クロノス

クロノス触ってきた。

秋葉原のMusicVoxと新宿のロックインで。

両方置いてあったのは73鍵モデル。

鍵盤はRH3の今までのKORGデジピと同じ。

ピアノ音質については、これまでありがちなシンセのピアノ(硬くて抜ける)音ではなく、

ソロでもちゃんとというか、十分すぎるほどの質感を持った音色でした。

その他、エレピとリードくらいしか試してないですけど、エレピについては

Rhodesとウーリーそれぞれのモデルが搭載されており、Rhodesについては

出力にディストーションとかコンパクトエフェクタぶら下げた状態のパッチが搭載されており、

それらが視覚的に見て取られるようによくできたGUIを備えていました。

エフェクトを通した出音についても、エフェクトのキレが非常によく、はっきりとした違いが感じられるキレの良いパッチでした。

操作性については高解像度の液晶で視認性はいいんですけど、タッチビューに関してはTrinityから変わらず、感圧式のタッチパネルとなっていて、静電容量式になれた身としては反応のにぶさがまだまだ感じられました。

特に、パッチ一覧からのOKボタンの反応が鈍いというか、エリアが狭い。

総じて作り的にはM3の光景というよりはOASYSの後継機種。

それを考えれば30万弱というおねだんは安いかもしれませんが、高いもんは高いなーと。

あと、73鍵盤でフルウェイテッドというのはどうかなーと。

個人的にはFS鍵盤と組み合わせて弾いてみたい印象でした。