地獄蝶々

28.02.07 / つよきす, / Author: / Comments: (0)

地獄蝶々

検索ワードで地味に多い「地獄蝶々」。
写真類がとっ散らかってて整理されてないので、アルバムとしてまとめてみました。
どうでしょうかね?

powered by performancing firefox

ブログエディタ

28.02.07 / ウェブログ関連 / Author: / Comments: (0)

無気力研究所: ブログエディタ

なんちゅうか、画像もAPI経由でアップロードできるんだけど、縮小なしでそのまんま表示されるのね。。。
ココログの管理画面からだと、どうしても縮小されちまうんだけど、こっちはオリジナルサイズ。
ある意味使えるな、これ。

powered by performancing firefox

Yahoo! JAPAN

ブログエディタ

28.02.07 / ウェブログ関連 / Author: / Comments: (0)

いままで、ブログの記事投稿は

  • ココログの管理画面
  • FlockのBlogEditer

でやっとりました。
でも最近Flockが調子悪い(動作が固まることが多々。復帰はするんだけど。)ので、違うのないかと探してみた。
そしたら、Performancingというものを発見した。
しばらくはこれを使ってみようかと思う今日この頃。

powered by performancing firefox

埋めるぞゴルァ

28.02.07 / PA / Author: / Comments: (0)

ATH-CK7、ちょっと改造してみた。
Ck7kai

写真の赤丸のところに排気ポート(?)があるので、そこを木工用ボンドでフタをしてみた。
これだけで結構音が変わった。
ちょっとびっくり。
どうなるかというと、低音が増強された。
ベースラインとかは確実に前に出てきてる(?)んだけど、全体的に低域がこもった感じになった。
まぁ、全体として悪くないんでしばらくこれで逝って見るかな。
高音志向のW41CAにつなぐことを考えればちょうどいいかな。
実際、W41CAにつないで見ると全域のバランスがよくなった気がする

以下、愚痴。
なんか、オーディオマニアなのかわからん人々がよく言うことで、「F特がー」、とか「フラットなー」とかいうけど、人それぞれ音の感じ方違うんだから当てになんない。
そもそも、人間の耳自体、dB毎にラウドネス曲線が微妙に違ったりするから、計器上でいくらフラットとかにしても人によって聞く音量とかで違いが出るですよ。
だから、音を語るにあたって細かいところをうだうだ行っても仕方ないよ?。
音響機器は地雷原だと思えばいいかと。
他人様がそこに地雷無いよー、といってもほんとかどうかはその人それぞれだし。
変なもの買って損したくない気持ちもよっくわかるけど、最終的に自分の耳が機材に慣れるかどうか、というところなんである程度のあきらめは必要です。

そういうことで、音響機器の評価なんて万人に当てはまるものは無いということを忘れちゃいかん。
トータルのセットで自分の耳に合うかどうか(慣れることができるかどうか)です。
新しいイヤホン買ってしばらくそっちで聞いてて、昔使ってたものを使うと自分の中のイメージと違う音になってたりするでしょう。
それが慣れですよ。
人間、耳で音を変換して実際に「聞く」のは脳みそです。
人間の耳も環境変化とともに周波数特性が変わるもんです。
その変わりっぷりから見たら、機材のほうの周波数特性なんてクソみたいなもんです。

極めて私見ですが、そこんとこ( `・∀・´)ノヨロシクー

アコギモデラー

28.02.07 / 楽器 / Author: / Comments: (0)

BEHRINGER ( ベリンガー ) >Acoustic Modeler AM100 【サウンドハウス】

アコギモデラー(E-Guiterの音をアコギの音にするやつ)がちょっとだいぶほしい。

Roland(BOSS)だと昔から¥10,000位で売ってるんだけど、↑のベリンガーのやつだと¥2,500也。

安い・・・。
さすがベリンガー。
このコスパは異常とも思えるな(笑)

うちのミキサー(RX1602)を見る限り、結構真面目にものを作ってるのはなんとなくわかってるけど、逆にどこでコスト削減してるのかよくわからんぞ。

ちょっとそれが怖いメーカでもありますな。

 

とりあえず、¥2,500なら買ってもいいかなー、とか。
先日の後輩の送別会でお金がかからんかったから、その分と思って(汗)

 

とりあえず、相方さんに相談だ。。。。

Blogged with Flock