無題

9月 20th 2011 -

成程、9月か。

3 Responses a “無題”


  1. 田中 Says:

    はじめて御便り差し上げます
    僕はVoでして 親戚が昔使っていた鍵盤2台を
    譲ってくれると言う事で頂戴したのですが
    もう使はなくなり何年もなるので
    電源入れたのですが 完全な音が小さい健があったり
    出ない健もあります ギターならそこそこ判るのですが
    バンドの鍵盤担当もケアーは非力でして
    ハモンドGT-7 と ローズ73 の年代物なんすが
    こういう物リペアー&掃除して下さる大阪のSHOP
    教えて下さいませんか? 


  2. 田中 Says:

    初めてで いきなり ややこしい御便り
    お許しください ただ 全く前が見えず
    PC眺めてて 凄くおくわしい方だと
    ワラをもすがる気持ちで書き込みました
    ご迷惑な場合はこの2件書き込みのお手数
    お掛けします申し訳御座いません。 


  3. もりや Says:

    まず、記載されていた電話番号を削除させて頂きました。
    イタ電とう、貴方に迷惑がかかるおそれがあるためです。

    本題の方ですが、ハモンド(Ace)GT-7とRhodesMark?73ですか。
    いずれもなかなか難儀です。
    まず、Ace-tone GT-7(日本ハモンドの前身というか、Rolandの前身に当たるメーカです)ですが、内部は電子回路にて構成されているもので、修理は難しいと思います。
    当方は現物も観たことはありませんが、なにぶんメーカー自体消滅しているのと、電子回路に経年不具合があるとなかなかリペアできるところはないかと思います。

    次にFenderRhodese Mark1(おそらく)ですが、こちらは鍵盤を叩くと内部にある音叉(トーンバーと言います)を叩いてギターのピックアップのような構造の物で音を電気信号にして出力する仕組みです。
    こちらは世界的な名機でして、リペア可能なショップはそこそこあるかと思います。
    ただ、どちらかと言うとピアノなどのようにアコースティック楽器に近いので、リペアにはリペアラーのノウハウが必要になるので一朝一夕に直せるものでもありません。

    当方はこのサイトをご覧のとおり自力で何とかするタイプであるのと、大阪のことは全くわかりません。
    ですので具体的にどのショップで、といったアドバイスすることは出来ませんが、まずはギターリペアなども行ってる楽器店に行って相談してみれば何処か紹介してくれるかもしれません。
    ※中古楽器を扱っている楽器店、職人的なギター修理を行ってるようなところだと可能性高いかもしれません。

    いずれにせよ、GT-7は修理自体が困難であろうということ、Rhodesについてはリペアできる可能性は高いものの、内部が木製だったり、トーンバーの交換が必要だったりと大手術が必要になる可能性が高いです。
    それに伴い、かかる金額も数十万オーダーになるかもしれません。
    そういった点を踏まえどうなさるか検討したほうがいいかと思います。

    鍵盤弾きの心情としては貴方の方で使用できない状態であったとしても、お捨てになるようなことはなさらず楽器が今後も何らかの形で誰かの手で演奏される可能性のある選択をしていただければと思います。

    あまり具体的にお力にはなれそうにありませんが、まずはギター店でもなんでも楽器店にご相談されるのが良いと思います。

  • 2011年9月
    « 6月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • タグ

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メタ情報

  • カテゴリー

  • メタ情報