[VSTi/SoundFont]サウンドフォント

3月 14th 2007 -

SF2 soundfont files, free download

ここのところ、WindChimeという当然の如くありそうでなかなかない、というものを捜すためいろいろSoundFontをあさってみました。

とりあえず、↑のサイトで探してたんですが、なんちゅうか、こう、ブロードバンド導入率100%の神奈川県にいて、久々に味わうダイアルアップ感というかなんというか。
早い話が、このサイトすんげー重たいです。
巨大ファイルを扱うところだからしょうがないけどね。
とりあえず、めぼしいものをFirefoxのDLリストに入れといて、朝を待つ、という懐かしいことしてました。

ほんで、まぁ、ピアノ系が多いんだけどいろいろ聞いてみました。
なんか、どっかで聞いたことあるような音だらけ。
びみょーに使えるようで使いづらい、というSoundFontのかなしい一面です。
基本的に一店突破型が多いのかな。
特にピアノ系は作者の使ってる鍵盤との相性とかもあって、なかなかチューニングが難しいかな、と。
中にはCASIOのデジピをサンプリングした音、なんちゅうのもあって、しかもそれがピアノ系では高評価を受けてるものだそうで・・・・。
なんか変な感じだけど、そういうもんかな。
CASIOの音をsfzとおしてクラビノーバ(というかP-120)で弾く、という妙な状況が。
ほかもスタインウェイを録ったやつとかYAMAHAのCF-IIISを録ったやつとかいろいろ見てみましたけど、今のところやっぱり結局でP-120の音にかなうものがいない、というかP-120と限らず、リビング向けデジピの音、どのメーカのものでもシンセ付属のピアノ音は軽く凌駕してます。
ピアノ一本にメモリ割けるからね?。

まぁ、そんなんもあってピアノ系はやっぱり難しそうだけど、そのほかでは結構おもしろいのもありました。
E-MUのProteusシリーズをパクッたネタにしたシリーズがなかなかよかったです。
ProteusXがあるんで、ほとんど網羅できている、と言われればそうなんですけど、現実問題ProteusXだと重たくてうちのPCだとなかなか厳しいというところがありますからね。
SoundFontだとオンメモリで動くんでHDDストリームプレイバックとかしないんで、全体的にメモリさえちゃんと確保できればサクサク動くんで。
ほか、結構Stringsのセクションものとか、意外と「おっ」と思ったのが木管系。
フルートとかピッコロとかクラリネットとか、、、
かなりいいのがありました。
こういうの探してると結構おもしろいもんです。

まだそんなにいじりこんだわけじゃないし、sfzでの再生なんで、フィルターとかいじれてないので個別にびびっと来たやつは都度紹介させてもらいます。

こういうのをフリーで作ってくださる、ってのには頭が上がらんですよ。

powered by performancing firefox

Leave a comment!

  • 2007年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグ

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メタ情報

  • カテゴリー

  • メタ情報