下緒

3月 7th 2007 -

あんまりネタもないので、下緒の結び方でもやってみましょうか。
あくまで素人の結び何で、間違ってたりすることもあるけど、大目に見てやってください。

今回は制定居合でよくある長尺(7尺)の下緒です。
※何気に7尺の結び方書いてるとこ少ないっすよね。

P1020500

栗型、シトドメに下緒を通します。
今回は鞘方向、小尻方向に同じ数だけ巻きますので、栗型に通す際は左右同じ長さにします。

P1020501

作業は刀身を抜いた状態のほうがやりやすいですので、抜いときます。
抜いた刀身は危なくないところに置いといてくださいね。
模擬刀といえども、それなりに危ないですから。

P1020502

栗型の上でクロスさせます。鍔側から巻きます。
どっちでもいいんですが、私は小尻側から出たほうを下にして鍔側に回します。
クロスさせたらそのまま鞘の後ろに回します。

P1020504

回した後、クロスさせた箇所の裏に入れ、輪を作るように折ってクロスの部分に折り返して通します。

P1020505

折り返して出した部分を鞘の後ろに回します。

P1020506

鞘の後ろから出した部分を、一回目と同じように後ろに回した部分に輪を作るように通します。

P1020507

コレをもう一回繰り返すと、このようになるかと思います。
輪になってる箇所にあまり分を通すわけですが、この時点で輪がせまくしてしまうとあとで苦労するので、かなり緩めにしておくと後々楽です。

P1020508

ここで余っている分を写真のように折ります。
6尺ですと、二回折りでいいんですが、7尺だと余るので、上のように三つ折りにします。
「俺式」ですが、三つ折りは三つ折りでも、下げ緒の端を三つ折りの内側に来るようにしてます。
こうすると、通しやすいんです。
あと、端がぼろぼろになりにくかったりします。
※すでにボロッてますが( ´Д`)

P1020509

鍔側のあまり分を輪に通したところです。
後で、この後ろに小尻側のあまり分が通りますので、結び目の輪はあまり目になるようにしといてください。

P1020510

小尻側も同じです。
栗型から出た先を鞘の後ろに回し、手前に持ってきて、栗型のクロス部分に折りり込みます。

P1020511

鞘側のあまり分が小尻側に来てますので、小尻側の輪っかに順次通して行きます。

P1020512

同じように三回通します。

P1020513

3回通し終えたところです。

P1020514

鍔側と同じようにあまり分を3つに折ります。

P1020515

折った分を鍔側から通した鞘側のあまり分の後ろに通します。

P1020516

通し終えたところです。
鍔側のところで言ったように、鍔側の輪がしまってるとここで泣きを見ます。

P1020517

緩めになっているので、こんな感じに全体的にしまりがない状態になってると思います。
あまり分を両端から引っ張っても、うち側のたるみは取れません。

P10205182

ムギュっと締めるには、分かりにくい図で申し訳ないですが、結んだ順番に占めて行きます。
締めるポイントとしては、1と3にあたるところを順に締めて行き、最後にあまり分を締めます。

P1020518

んな感じで、あとはあまり分をお好みのように調整して完了です。
あまり分を抜いたときに、引っかからないで抜けたら成功です。
たぶん。

後ろ、上は↓のようになってます。
P1020519

P1020520

間違ってる所とかありましたら、指摘くださいです。

Leave a comment!

  • 2007年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグ

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メタ情報

  • カテゴリー

  • メタ情報