パキシル増量の効果

7月 24th 2006 -

土曜日からパキシル増量してるわけだが、早くも効果が出ている気がする。

いつも、土日になると月曜日に会社行くことを考えると頭が混乱してどうしようもなくなることが、毎週のように繰り返されてきた。

苦しかった。どう頑張ってもつらいことしか頭に浮かばなくなる。

現状から逃げたくなる。そして逃げた。

追い打ちを掛けるように腕が不調で発熱。体調不良さ。

現在、出勤率5割。

かなりまずい状況。

 

でも、今週末は違った。

なんか、なんとかなるさ、という気分になる。

パキシルの向精神作用とリボトリールの精神安定作用、それと炭酸リチウムの気分安定効果および併用薬物ブースト効果がうまい具合にかみ合ってるみたいだ。

ただ、以前も最初はそうでそのあと副作用きたから油断はできない。

副作用といっても、ぶっちゃけ耐え難い全身倦怠さえなければいい。
性欲減退なんてのはどうでもいいから。そんなもの、現代人の生きていく上で必須ではない。

全身倦怠のほうもおそらくなんとかはなると思う。

副作用が出る時のメカニズムも聞いている。

対策として俺が考えたのは「体を動かすこと」

先生も大賛成してくれた。

だから、今週、ローラー台が来たら程よく適当に体を動かします。

 

  

まぁ、それはいいけど、今日はちゃんと会社行くけど、今ビール飲んでる。

だいじょぶかな。。。まぁ、会社行ったらコーヒー飲みまくりだからなんとかなるか。

早めに会社行って早めにあがるかな・・・。

Blogged with Flock

Leave a comment!

  • 2006年7月
    « 6月   8月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • タグ

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • メタ情報

  • カテゴリー

  • メタ情報